ひとこと日記

3月1日(木)
 弟のパソコンのトラブルはHDDをフォーマットしOSを入れ直す事でケリがついた。しかしサポートのための電話代は天文学的。もう一台作って送ったほうが安上がりだったかも。

3月2日(金)
 どうにも頭痛が激しく会社を休んで病院に行きCTスキャンまでかけたがそれより『ポリアンナ』を見逃したショックのほうがデカい。

3月3日(金)
 遅まきながら『CCさくら』にうつつをぬかしてる。最大の魅力はOP「プラチナ」。絵もいい、唄もいい、詩もいい。そして菅野さんの曲だよ。こんなとてつもない才能がロリコン漫画の主題歌ごときに携わっているのがいかにも日本らしい。
 個人の優れた才能を伸ばす事ができない日本の土壌。それが逆にアニメだのマンガだのゲームだの本来「子供だまし」のはずのジャンルに「疎外者たちの文化」として根をおろし、遂には日本の文化の主流にのしあがってしまった。「文化の下克上」。日本の文化のひずみ、「オタク」化は必然なのだ。
 そして私はそんな日本が好きだ。

3月4日(月)
 F1解禁。復活パニスおめでとう。順位降格残念。ついでにマンセル復活はないのか?

3月5日(月)
 治らなかった頭痛が、ビックカメラでパソコンのパーツを見てたら良くなった気がする。単なる禁断症状!?

3月6日(火)
 古本屋で『野球狂の詩・平成編』を買った。あまりの面白さに電車の中はおろか駅から家まで読みながら帰った。その筆いささかも衰えず、ファンの夢を崩さず、そして作者が楽しんで描いてるのがありありと分かる。さすが巨匠。
 しかし私がこのマンガを好きになった理由が情けない。
「アニメ版の水原勇気のCVが信沢三恵子さんだったから」。
 P.S このマンガに唯一欠点がある。勇気の背番号。

3月7日(水)
 わけあってメインマシンの電源とっかえた。(150Wから90Wに)。電力不足かと思ったが全く支障なし、ちょっとびっくり。
 でも少しうるさくなった。これは許せない。また改造が必要だ。

3月8日(木)
 毎日むさぼるように『野球狂の詩』読んでる。まさに「夢をありがとう」。

3月9日(金)
 プリンタを衝動買い(hp deskjet930c)。10円、20円をケチるくせ万単位で散財するのが悪い癖。そのうえ買った瞬間に後悔するからたちが悪い。もうワンランク上を買うべきだったかも。

3月10日(金)
 プリントアウトって、こんなに楽しかったんだね。

3月11日(月)
 弟からのCGが来なくなって久しい。インターネット接続ができないのが原因だが、メキメキ腕をつけてきただけに残念。

3月12日(月)
 会社の機械に描いたラクガキが近年まれにみる出来なので消すのがもったいない。デジカメ持っていくか。

3月18日(月)
 本当は大事な用があったのだがあまりの豪雨に外出を控える。そしたら午後にはすっかりいい天気。運命が私に逆らってる… っておおげさ? 

3月19日(月)
 仕事は仕事。

3月20日(祝)
 不思議なものでタブレットを貸してしまったら途端に絵を描きたくなった。

3月21日(水)
 しばらくは下絵を描くことに専念しよう。何を描くかはないしょ。

3月22日(木)
 年のせいか、よほど気合を入れないと家に帰ってからぼーっとしたきりでCGとか描けない。

3月23日(金)
 いろんな絵の構想が3ダースほども浮かんでいるのだが腕のほうはまるで追いつかない。

3月24日(金)
 CG描きたい、というはいね氏の心意気にうたれ一台作る事を決意。手持ちのK6−3が遂に役立つ時がきた。

3月25日(月)
 どうして日曜っていつもいつもいつも雨ばかり。それも大事な御用がある時に限って。

3月26日(月)
 PC組み立て中、K6−3が煙を吹く。画面真っ黒、顔面真っ青、たなびく白煙まっ白け。これで一人前の自作派の仲間入りだ。うわ〜ん!


戻る

inserted by FC2 system