ひとこと日記
 

3月1日(日)

 木曜に1クレ(3位)
 土曜に2クレ(1位&2位)
 SS2に返り咲き、そして今日。

 1-3-2-4-4(SS3に降格)-1-4-4


 あきまへん。


 一度もSS1の土を踏めず、SS3に落ちてもまだ底が見えない。
 今までが順調すぎただけだが、とにかく今の戦い方ではSSで生き残れないと実感する。
 「押してから考える」を実行するべき時がきている。それが自分のプレイスタイルと違っていても。


 あと、店内対戦を2回やった。
 最近知り合いになった若い人と1回。
 実力は向こうが一枚上手だと思うが、勝ったのは私。それは運だからいいとして、ストレート勝ちはよくないよね。2戦目はナチュラルに負けるのが暗黙ルールだと思うが、いざ戦い始めると自分はそういう大人の駆け引きができない。サブカを育ててる時も、3位で昇格できるから次のクレは3位で… とか思いつつ決勝まで行って後悔してる(手加減ができないいじょう、サブカはCPUの多い時間に育てるとします)。

 話がそれた。もう1戦は友人と。1年以上共に「アンサー」してきた仲なので互いの手の内は知り尽くしてる。
 1R(早押し) … 遠慮なく相手の苦手ジャンルの歴史を投げたが、同点で迎えたラス問の歴史問題で油断してまさかの敗北。
 2R(奪取) … これもラス問(たぶん)まで引っ張る大接戦。最後は押し勝つ。
 3R(虫食い) … 懐かしの虫食い。得意形式である。ところがグロ問が多く最後まで勝敗がつかず、ドロー。

 あとで友人に2Rはわざと負けたのかと聞くと全力で戦ったとのこと。いやー、絵に描いたようなシーソーゲーム。おもしろかった。


P.S
 早押し連想のヒントで「たかなししずえ」が出てきた時は嬉しかったなあ。あれがいわゆる「萌え問」か。もちろん取りました。

3月3日(火)
 「キュベ・サンピエール」の白ワインをいただいた。ワインって美味しいよね。それにコルクを開けるのってなんか特別な儀式というか、特別なお酒をこれから飲むんだという気持ちにさせられて、値段には関係なく気分が高揚する。
 自分はビールもウイスキーもワインも日本酒も大好き。なのに肝臓が弱いらしく体が受け付けない。ビールなんか缶ビール1本でふにゃふにゃ。そのくらいのほうが健康にはいいんだろうけどね。

3月7日(土)
 知り合いと飲みに行く。といっても懐が寂しいので回転寿司で済ませる。
 「済ませる」と言ったけど、回転寿司好きなんだわ、わし。接客されるのが好きじゃないので気軽に食べれるのがいい。店ごとに工夫があっておもしろいしね。あかん、書いててよだれでてきた。

3月8日(日)
 日記に書くのがイヤになるくらい「アンサー」が不調。勝利の味を忘れてしまった。そして遂にS落ちの屈辱。

4位(3連続 -> S1降格)-2位

 入れ代わりにSSに上がった友人に嫉妬すら感じる。しかし友人の言う通り、サブカを作ってから集中力が落ちてる。自分の100パーセントの出し方を忘れてる。
 メインでリーグマスターとるまでサブカを封印するくらいの気概が必要だろう。でもできない、サブカが楽しすぎて。逆にS3まで来たサブカをメインに昇格すべきか思案中。
 そんなふうだから勝てないんだけど。

3月9日(月)
 2カ月くらい前からだろうか、犬にヨーグルトを食べさせている。市販のではなく母の作ったカスピ海ヨーグルトだ。
 元々は自分が朝食に食べてたのだが、あまりにせがむのでついやってしまい、今ではそれが日課となっている。
 家に来た去年の夏には、寝相のせいか前足の肘(だか膝だか)の毛が完全に抜けていた。それがヨーグルトのせいか最近フサフサになってきてる。毛並みがツヤツヤしてきたと家族も言うから、なにかしら効果はあるのだと思う。
 単においしそうに食べてるからあげてるだけだけどね。あと、おからもなるだけ毎食あげてる。ドッグフード偏重の日本のペット事情に対するささやかな反抗。

3月11日(水)
 遂に見つかったねカーネルサンダース。
 それは嬉しいけど、新聞各紙、喜びすぎだろ! 朝日/毎日/産経どれも1面かよ。さすがに関東じゃそんなことないだろうけど。
 平和だねえ関西は。いっそ首都移転してみてはどうかね!?

3月13日(金)


突然ですがこんにちわ


私 輝きを探してこの星に来たの


今はすっかり「アンアン」に夢中

だって 輝きいっぱいもらえるんだもん



えっ!? なんで大阪から接続してるのかって?
フフフ それは ナイショだよ


私はいま Sリーグってところにいるの

ここには 輝きもった人たちが いっぱいいるよ


みんな がんばろうね☆

でも Sリーグはむずかしい問題がいっぱい

「らくてん」に在籍した選手は?
っていわれても

そんなの 地球に来たばかりじゃわからないよ〜


こんなんじゃ すてきな思い出なんて作れそうにない…

よーし こうなったら

あれを使おう!

私 ほんとは「星使い」なの

星の力で いろんなことができるんだよ


その力を さいだいげんに使うときが きたみたい

〜星の子たち 私に力をください

みんなの持ってる力を

ひとつの輝きにして〜




あっ

見える みえるよ!  私にも答えが見える!

ごめんね 勝っちゃった

でも これも輝きをいっぱい集めるため
そして… 私の探している人を見つけるためなの



でも このことは今はまだヒミツ
続きはまた今度ね


そして いつかみんなとも会えるといいね

それじゃ またね  
エトワール☆


3月15日(日)
 見てのとおり、サブカでこれでもかというくらい楽しんでる。とうとうSSリーグまで来てしまった。
 いっぽうメインのカードはS1。気の毒なので土曜日にSSに戻したけど。
 これからはおそらくサブカをメインに戦っていくのだろう。憧れのリーグマスターを獲る夢も、この娘に託そう。

3月16日(月)
 母が遂にケータイを買った。これで我が家のケータイ普及率は25%から50%に大幅アップ!
 もっとも自分のはケータイといってもプリケーなんだが。Answer×Answer.netに加入できないのだけが残念だ。

3月18日(水)
 前言を撤回する。
 弟もケータイ購入を検討、というかもう買ったので普及率は一気に75%に達した。
 カーネルが見つかるわ、弟がケータイ持つわと椿事が続く。これで阪神が日本一にでもなった日には一気にグレイプニールの脆弱化が進み、我が家のフェンリルが制御不能になるのではとハラハラしている。

 「私の結婚」という最大にありえない鎖が機能している限り大丈夫だとは思うが。

 北欧の死神、フェンリル。(撮影者は1分後に惨殺された)

3月20日(金)
 会社で、たまに助っ人として違う部署の仕事を手伝わされる。家具の搬送前の検品とか並び替えといった単純作業なんだが。
 で、今日検品してた家具に貼ってあったシールがどうにもこうにも気になって。

 「Made in Japan」と書かれたそのシール、普通は後ろの目立たないところにつつましやかに貼るものだと思うけど、このシールは前面の一番目立つところに貼ってある。
 おもいっきり後付け感の強いそのシールは、これだけでは信用してもらえないと思ったのか文字の横に日の丸まで描いてある。
 なぜだかはためいて描かれたその日の丸は、中の丸が中心から思い切りずれていて全体もどことなくゆがんでる。
 こんなに愛国心のかけらも感じられない日の丸を見たのは生まれて初めてだ。
 ひとことでいって、日本人ならこんな日の丸は絶対描かない。いや描けない。

 こんな商品に出会って、気持ちは逆におおらかになれました。なにも目くじらたてて仕事しなくてもいいや、人生気楽にいこうや。

 商品の質ですか!? そんなの言わせないでください。でも一言だけ。「お値段以上」なんて言ってるけど、そんな魔法なんてないです。冷静に考えればわかること。まあこれ以上は言いますまいゴホンゴホン。

3月21日(土)
 メインカードと化したサブカがSS1リーグに到達した。辿り着けた喜びと、長らく優勝から遠ざかってる悲しみで気持ちはイーブン。
 SS1での成績は3位、4位、2位、2位と生殺し状態。勝率は落ちる、アイテムはもらえない、なにより勝利の快感が味わえない。
 この苦痛を和らげるモルヒネが欲しい。「リーグマスター」という甘い香りのモルヒネが。

3月22日(日)
 友人の買い物で日本橋につきあう。
 友人が買ったのはベアボーンPCの「KPC K48」。コストパフォーマンスいいのはわかるけど、それ2個目だろ(私も1つ買ってるけど)。
 自分の買い物はコンデンサのみ。

 あ、あと当然のようにSS1は陥落したよ。

3月24日(火)
 おめでとう原監督。お疲れさまでした本当に。割りの合わない仕事を快く引き受けられ、そして報われましたね。
 阪神ファンであることに変わりはないけれど、年々他球団に好きな人が増えてくる。
 きっと、いいことだと思う。

3月25日(水)
 SS1に常駐できないのは仕方ないとして、とうとうSS2にも留まれずSS3にまで陥落。ひどい。
 CPUとの決勝でなめてかかって敗北し、それからずるずると落ちていった。
 どうせ負けるなら名のある者の手にかかりたい。いやそんな実力さえ今はまだないか。せめて悔いのない戦いだけはしたい。ピシッとせなあかん!

3月26日(木)
 仕事の疲れが休みになっても取れないままずるずる働いてる。ひょっとして問題は食事にあるのかも。
 母の作ってくれる食事はほぼ完璧だが肉体労働者にはスタミナが足りない。肉食えぁ!
 こっそり買ってきて夜中にガツガツいくとしよう。

3月27日(金)
 「アンサーアンサー」の本が出ると知ったが3,000円と聞いてびっくり。
 プレイヤーの年齢層がどんだけ高いか、よくわかった。

3月28日(土)
 「アンサーアンサー」の大会を見に行ってきた。
 光明池という場所で行われたのだが、電車で行くには乗り継ぎが不便、さりとて知らない道を車で行く勇気はないのでバスを使った。ちょっとした旅行気分だ。
 もう長い事行ってないけど、光明池は幼い頃よく親に遊びに連れていってもらったものだ。弟がダムのてっぺんで仮面ライダーの真似したり、飼ってた小犬が何も知らずに湖面を歩いて渡ろうとしたり、いろんなことが懐かしく思い出される。
 はっ、いかんいかん、思い出に浸っている場合ではない。戦いの中で戦いを忘れてしまうところだった。そう、不肖この自分も参戦するつもりなのだから。

 現地で待ち合わせた友人と気楽にエントリーした。が、その後発表された参戦メンバーにどっきり。全国ランカーを始め地元府県のトップクラスの実力者が目白押し。予想を遥かに超えるレベルの高さだ。そうと知ってたら恥ずかしくてエントリーなどしなかったが、こうなったらひらきなおって戦うのみ!
 しかし私の初戦の相手はよりによって第一回大会の優勝者ホ〜リックスさん。友人の対戦相手に至っては全国ランク2位のEDDYさん。

 こんなの勝てるわけねえべ!

 ホームを同じくするアンサー仲間に「終わりましたね」と死刑宣告を受ける。
 そんな状況で緊張するなというほうが無理だけど、いざ対戦台に座って早押しボタンに手をかけるとスッと気持ちが落ち着いた。周囲の雑音も聞こえず不思議なくらい集中できた。普段は雲の上の対戦相手が、振り向けば自分のすぐ横にいるのがひどく奇妙に思えたけれど。
 そんなわけで冷静に、自分の実力通りの戦いができた。誤答もしたけど、格上相手に尋常に戦っても勝ち目がないので勝負に出ただけ。気持ちは冷静だった。
 でも、告白します。回答権をとった時… 手が震えてた。何度打ち込んだかわからない「アメリカ」という4文字を入力するのに指が汗ばむ思いだった。
 結果はもちろん負け。1Rくらい取りたかったけどそれも叶わず。でも悔いなく戦えたし、相手が相手だから恥ずかしくはないよね。
 ホ〜リックスさん、こんな私に胸を貸していただきありがとうございました。

 そのあと決勝戦まで見てたけど、意外にワンサイドゲームが少ないと感じた。実力者でも知らない問題はあるし誤答もする。いっけん、格下にもチャンスはあるようにみえる。
 けれど勝ち残った人はやはり実力者ばかりだった。知識と反射神経と経験が、僅かにみえる勝者と敗者の差を決定的に分けるのだろう。けれど強い人に感じた一番の違いは「勝利への執念」だった。全てが足りない自分だが、一番学ぶべきはこの執念だと思った。

 とにかく見に行って、そして参加してよかった。貴重な経験をさせてもらった。でも次の大会も参加するかと言われれば、正直「う〜ん…」だけど。

3月29日(日)
 F1開幕。
 事前に知識を仕入れてなかったので、あまりにいろんな変化に目が回る思いだった。
 「カーズ」ってなに? 可変ウイングってどういうこと? なんでタイヤがスリックに戻ってるの? そしてブラウンGPという聞いたこともないチームはなんなの? ホンダのシャーシにメルセデスエンジン積んでるって!? で、その新参チームがポールポジション!

 ひとつ言えるとしたら、今年もF1はおもしろいに違いないってこと。
 もうひとつ言っていいなら、「バトン&バリチェロおめでとう!」
 ほんとにほんとに、おめでとう!!!

3月30日(月)
 島根に行ってた両親がお土産もって帰って来た。
 なにもかもが美味しかった去年の旅行を思い出した。
 ほんと、島根ってなんでもおいしいんだよ。


戻る

inserted by FC2 system