ひとこと日記
 


10月3日(日
 基本的にTV見ない人間なので地デジなど必要ないし、来年から地デジ難民でいいよ、と開き直ってた私。
 たまたまPC用の地デジチューナーをネット検索したら最安値が4000円を切ってた。しかもいじればダビング10解除やCMカットもできるとか。
「たとえゴミでも4000円なら笑ってすませられる」
 そして私も地デジ化の仲間入り。予想より早かったな。

 買ったのはダイナコネクティブ「DY-UD200」というもの。
 まず取説通り添付ソフトをインストールしてみたけど、プロテクトがかかっているらしく画面まっ黒。ディスプレイが「HDCP対応」じゃないのでダメらしい。
 なんの後ろめたさもなくネット情報を頼りに魔改(以下略)。
 1時間後「TVTest」というフリーの視聴ソフトで無事、地デジが見れるように。作者さん、開発に携わったみなさんサンクス!
 画質もいい。リビングにも地デジTVあるけど自室で見る地デジは別格。こうなると欲張りなものでフルHD対応のディスプレイが欲しくなる。

 ただしこの地デジチューナー、安物だけあってアンテナの感度が低いと映らないし、電源もUSBバスパワーの500mAを目一杯使う。
 うちはアンテナ感度はとりあえず合格だが、マザボが安物なせいか、おそらく電力不足のせいでたまに認識しなくなる。
 電源にひと工夫すれば実用になるだろう(USB2ポート分使って電源供給するケーブルが市販されてる)
 それでも予約録画に失敗して泣くような人には、このチューナーは向いてないと思う。
 私のような「見れればOK、録画できればラッキー、トラブルどんとこい」な自虐ユーザーにはお勧めだ。


 導入後気づいたのがメモリの食われっぷり。タスクマネージャーで見たら800MBも使ってる。
 「TVTest」にあわせて録画用ソフト「TVRock」も入れたのだが、こいつが常駐してるだけで100MB超の大食らい。設定を軽くしても大差なし。「TVTest」も使用中は50MB。
 メモリは2GB積んでるので余力はあるが、対策として「ただ飯食らい」の常駐ソフトを削除した。といっても「ATi Cataryst」を削除するくらいしかできなかったが。
 「XPマシンなんて1GBで余裕」という先入観が相当古くさいことを実感した。

10月12日(火)
 「ポメラ」って知ってた? テキスト入力に特化したいまどき珍しい単機能モバイル端末。私は今日初めて知った。知った途端に欲しくなった。いわゆる一目惚れだ。
 長年ワープロを使い続け、パソコンのワープロソフトに幻滅し、それでもパソコンで文章を書かざるを得ない昨今。
 もしも現代にワープロが蘇ったら… そんな夢がそのまま目の前に現れたのだから。
 だが、買わない。買えない。残念ながらこれでは使えない。

 私が「現代に蘇るワープロ」に求めるものは、「即応性」、「堅牢性」、「変換効率」、そしてUSBメモリが使えること。
 変換効率は使い込まねばわからないものの、それ以外の点でポメラは全て合格のようにみえる。唯一最大の問題を除いては。
 ああ、親指シフト。あなたはなぜそんなにマイナーなのだ。ポメラに親指シフトバージョンがあれば私は今日にも買うだろう。
 親指にあらずんばキーボードにあらず。その事を一人でも多くの人に理解してほしい。

10月15日(金)
 社保庁解体の後始末のための法人の人間が、同じく社保から天下りした人間に業務の便宜を計ったらしい。
 業務自体が社保庁の怠慢による税金の無駄遣いなのに、それをまた横流しか!?
 この際法律なんかどうでもいいから関係者全員極刑に処してほしい。こいつら何も反省してないし今後もしないだろう。生きてる価値はない。
 私と同じことを考えて誰かが本当にこいつらを皆殺しにしたとしても、日本国民の誰ひとり気の毒には思わないだろう。
 あと、こいつらの月給と委託業務の金額を知りたい。

10月16日(土)
 日本橋に行ってきた。恒例の買い物リストをば。

ネジ(M8細目・長さ15ミリ)*2 自転車の修理 @100-
F結栓 アンテナ線用 \100-
グラボ(7600GS) メインPC用 \1280-
以下、アンプ用部品
酸金抵抗47Ω*2 @10-
電解コンデンサ440uF25V \35-
ヒューズ 125V/0.5A \30-
真空管ソケットMT7Pin用*4 @100-
コイル100uH \50-
ファーストリカバリダイオード
OR8GU(400V/0.6A)*2
@15-
金皮抵抗1.2kΩ \10-
IC NJM2360
(DC降圧用)
\130-
アルミ製ケース \590-

 涼しい季節になったので久々にアンプ作りでもやろうと思って。
 グラボは、先日買った大画面液晶を使いはじめてオンボードの力不足を感じて買ってきたのだが、どうやらノイズを撒き散らしている。
 PCIのサウンドカードからプチノイズが出まくってる。仕方なく今は外付けUSBサウンドで音を聞いているが、グラボかサウンドカードのどちらかを外さねばなるまい。
 今回の購入は安物買いの銭失いだった。今度はRADEONの4670でも買うか。
(新品を買おうという発想はない)

10月24日(日)
 地デジも見れるようになったので、今シーズンからフィギュアスケートをなるだけ見ている。今週はNHK杯。
 一番気になるのは女子シングル、次いで男子シングルで、ペアやアイスダンスまで追いかけるのは疲れる。でも、なにげなく見ていたペアの演技はやはりおもしろい。
 特に優勝した中国のペアが「日本のみなさんが(中国人の私たちを)あたたかく応援してくれたことを嬉しく思います」という旨のことを言っていたのが感慨深かった。

 尖閣諸島の一件以来最悪の日中関係。
 けれどことフィギュア、特にペアに関してはそれ以前から中国選手が真摯に頑張ってきたことをファンならよく知っている。
 彼らに対する尊敬や信頼は、今回の不幸な事件程度で揺らぐことはない。だから自然と応援できる。中国に対する思いさえやわらいでいくのがわかる。
 こんな時、スポーツの持つ力の偉大さを思い知る。


戻る

inserted by FC2 system