おすすめしいちゃま作品ベスト4ぷらすあるふぁ〜

 デビュー作から最新作『どれみ』にいたるしいちゃまのすべての作品、すべてのページ、そしてほとんどすべてのコマをこよなく愛する私ですが、その中からあえて(あえて!)、このサイトに来ていただいた皆さまに読んでもらいたい作品をエントリーしてみました!



ちぇるぽんさんからいただいた空ちゃんイラストです

エントリーNO.1!


空ちゃんのぼうし
(1、2巻)

お勧め度 … 
入手性 … ××
 しいちゃまの事を何も知らない人から、『スパンク』を読んだ事がある人、根っからのしいちゃまファンにいたるまで、全ての人に自信をもってお勧めできる傑作メルヘン。
 現在のネコ耳ブームを先取りしたヒロインの空ちゃん、そしてイヌのプー、ネコのすて吉をはじめ、しいちゃまならではのかわいらしいキャラが元気いっぱいに活躍する、魅力たっぷりの作品です。アニメ化されなかったのが不思議なくらい。
 但し入手は困難を究めます。ファンの私が何度も古本屋を探して一度も見たことがないくらいですから。連載当時、何度も『なかよし』の表紙を飾り、毎月のようにふろくがついていた人気作品なので単行本もそれなりに売れていたはずですが… 手放す人が少ないのかもしれません。これも名作の証でしょう。講談社さんにはぜひとも再販してほしいです。
 文句なしにお勧めの作品なので万一発見したら即座に捕獲… いや保護してお家に連れて帰ってあげましょう。ネット通販で探す手もありです。中身が見れないのが通販の欠点ですが、中身のよさならこの私が保証します!




エントリーNO.2!


おはよう!スパンク
(全7巻・文庫本は全4巻)

お勧め度 … 
入手性 … ○

 ここに来てくれた人で『スパンク』を知らない人はいないと思いますが、いちおうエントリー。
 この作品がなかったら現在のしいちゃまもなかったでしょう。いうまでもなく先生の代表作です。文庫本はまだ本屋さんで手に入るかもしれません。
 今から20年以上前の作品なので、正直すべての人にお勧めできる、とは言い難いのですが、しいちゃまのあたたかさ、やさしさが詰まった作品であることはいうまでもありません。そしてしいちゃまの作品の中でも『どれみ』とともにもっとも「楽しい」作品でもあります。
 あ、それからアニメの『スパンク』もお勧めですよ!




エントリーNO.3!


ハートのないしょばなしおまじないコミック集

お勧め度 …  
入手性 … ××

 5つの読み切り作品のおさめられた短編集。先生の単行本のなかでおそらく一番知名度の低い一冊。
 けれど『ハートのないしょばなし』は先生のすべての作品が持つやさしさとあたたかさはそのままに、先生の隠し持つカミソリのように研ぎ澄まされた才能を存分に味わえる貴重な一冊です。
 一つひとつの作品の完成度はもちろん、それらがあたかも5つの楽章を持つ変奏曲のように異なる輝きを放ちながらなお一冊の本としてのまとまりをみせる絶妙のバランス感覚。『才女』たかなししずえ渾身の逸品です。
 
 読者の年齢層を無視してホンキを出してしまったしいちゃまのこの一冊は万人に勧められる作品ではありませんが、真にしいちゃまを愛する人たちには間違いなくお勧め。入手も困難ですがネット通販で根気よく探せばきっと見つかるでしょう。それだけの価値はあります!




エントリーNO.4!

も〜っと!おジャ魔女どれみ

お勧め度 …  
入手性 … ○

 『おジャ魔女どれみ』は『スパンク』と並ぶしいちゃまの代表作です。
 単行本はすでに4冊を数え『スパンク』に次ぐ歴代2位。連載期間はほぼ4年と『スパンク』を抜き歴代1位!
 けれど『どれみ』の評価は低いです。特にアニメの『どれみ』ファンの大きな男の子たちの評判はよくありません。
 理由は簡単。『萌え要素ゼロ』だから。未だ現役のアニメオタクの私には彼らの気持ちはよくわかります。
 いっぽう、元スパンクファンの人たちはしいちゃまがこのマンガを描いていることを知りません。たとえ気づいても『どれみ』を気に入ってくれるかどうか、これもギモンです。
 理由は簡単。『ラブコメ要素ゼロ』だから。私には彼女たちの気持ちもよくわかります。
 『どれみ』はアニヲタのために描かれたのでも、かつてのファンのために描かれたのでもありません。どれみやぽっぷと同い年くらいの夢見る女の子のために描かれているのです。ですから『どれみ』を楽しむためには、私たちのほうで腰をかがめて童心に返る必要があります。そこさえクリアできれば、あとはもう!
 中でもお勧めは、しいちゃまの筆がノリノリな時期にかかれた最新刊『も〜っと! おジャ魔女どれみ1』。特に巻末の番外編「ないしょのメリークリスマス」はしいちゃま久々のクリティカルヒットだと思いますよ。
 ああ、2巻はいつでるのか!?





次点

 たのし荘便り 

 先生の作品としては比較的最近のものなので、状態のいいものが手に入りやすいかも。
 (出版元は講談社ではなく秋田書店です。注意!)
 ただしこの本、レディコミなんです。18禁ではありませんが大人の女の人向けの本なので、しいちゃまと、スパンクとともに青春を歩んできたそんな人にお勧め… かな? ただしレディコミだからといってしいちゃまのやってる事はいつもと全然変わりませんが。余談ながらヒロインの奈緒ちゃんがメチャかわいい です。人妻が小学生(某どれみ)よりかわいくていいのか!?


『秘密のう・ふ・ふ』

 入手しやすさという点では厳しいのですが、しいちゃまの読み切りマンガって構成に無駄がなく、傑作が多いのですよ。だからお勧め。『スパンク』しかしらない人に、しいちゃまの短編の魅力をぜひ知ってほしいと思います。


『ぼくの鈴ちゃん』

 『スパンク』以前の初期の作品なので絵的にも時代背景的にも今の感覚からすると厳しいものがあるのですが、当時のしいちゃまの一生懸命が伝わってくるほほえましい作品です。機会があれば読んでいただきたいです。


 ただ最初に言ったように私はしいちゃまの作品全てが好きなので、ある意味どれもがお勧めです。
 とにかく手にとって読んでもらえればそれだけでファンとして幸せです。

トップメニューへ   しいちゃまメニューへ

inserted by FC2 system